最初に経験したアルバイトでいろいろ学んだ

みなさんは、最初に経験したアルバイトは何ですか?アルバイトを探す方法は、求人雑誌・求人サイトなどいろいろありますよね。特に初めてのアルバイトになると、どの職種が自分に適しているのか慎重になりがちです。私の場合は、大学生のときに経験した、居酒屋でのアルバイトが人生で初の仕事でした。その他にもいろいろなお仕事を経験しました。その中でも、最初の居酒屋でのアルバイトはとても勉強になり、今の私の人生に大きく役立っています。ここでは特に印象に残っている居酒屋でのアルバイトをご紹介します。私がアルバイトしていた居酒屋は、とても狭いお店でした。働いている人はたったの4人で、店長・店長の奥さん・私を含むアルバイト2人。この4人だけでシフトをまわしていました。狭いお店なのでお客さまとの距離がとても近く、アットホームな雰囲気でした。焼き鳥などを焼く調理場は、カウンターのお客さまとの距離が、目と鼻の先ほどでとても近かったです。そのためお客さまといろいろな世間話をしながら仕事していました。まさに、仕事をしながらお客さんの話相手になるといった感じです。私は接客が好きですので、こういった環境はとても楽しくて良かったと思います。また、お客さまから、経済・一般常識など、とてもためになるお話が聞けて自分の知識も増え、勉強になったことが多々あります。接客以外にも調理やドリンク作りも上達しました。私の仕事は、注文を受けたり、皿洗いをしたり、お酒を作ったりなどの作業がメインでした。居酒屋ということもあり、時にはよく騒ぐお客さんもいらっしゃいましたが、特に気にすることもなく仕事をこなすことができました。私は、この居酒屋で1年ほどアルバイトをしましたが、接客スキルを磨けた職場だったと働けたことに感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です